ウィルの先生

  

塾長 宮川 義昭(みやがわ よしあき)

 2013年、長男の誕生をきっかけに地元の子どもたちに理想の指導を実践するために、「進学塾ウィル」を設立。
 6歳の男の子、4歳の女の子、2歳の男の子のパパとしての生活も大満喫中。休日のみならず、時間を見つけては夕方保育園に迎えに行って、子どもたちと公園に行くのが楽しみ。我が子にやらせてみたいという理由で、ロボット教室を始めるなど、仕事でも親バカぶりを発揮。仕事もプライベートも「自分が楽しむ」がモットー。

子どもたちへ一言

君の夢は必ず叶います!

  

菊池教室長  進学塾ウィル 副塾長

榊 友宏(さかき ともひろ)

鹿児島県枕崎出身の30歳。ウィルで子どもたちを指導したいと、わざわざ鹿児島市から菊池市に移り住んできた情熱溢れる先生。ブレイクダンスが趣味で、休日にはスタジオを借りて一人ダンスの練習に打ち込む。菊池の子どもたちの夢の実現のために、共に歩んでいる。

子どもたちへ一言

Let's dance.

  

泗水教室長 釘山 義史(くぎやま よしふみ)

菊池市出身の30歳。両親ともに学校の教員ということもあって早くから教育に興味を抱く。教員免許取得後、小学校の臨時教員を経験。その後一旦別の業界へと進むが、教育への志が消えずウィルの社員となる。どんな質問にも全力で対応し、しっかり理解するまで指導することをモットーとしている。いつもニコニコ、とてもお茶目なキャラクターの持ち主。子どもたちにいつでも楽しく勉強してもらえるよう、様々な雑学を収集中

子どもたちへ一言

一緒に頑張ろう!