パレートの法則

こんにちは!泗水教室の釘山です!

 

今週末には西合志中の期末テスト、来週頭には泗水中の後期中間テストと定期テストラッシュな泗水教室です。

受験勉強の延長な中3はいつもと変わらずですが、中2生たちは毎日のように通塾してくれて必死に勉強してくれてます!

中1たちも先輩たちの背中を見て、もっと育ってほしいなぁと思っている今日このごろです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで「パレートの法則」ってご存知ですか?

 

「会社の利益の8割は2割の社員が稼いでくる」

「成果の8割は2割の時間で達成できている」

「働き蟻の2割は仕事してない」

 

いわゆる8:2の法則ってやつなんですが、これって受験勉強にも当てはまるよなぁ、と感じています。

2次関数をマスターするために、いきなり10割覚えようなんて無謀ですよね。

まずは全体の2割をマスターして、残った8割の中の2割を覚えて、、、と繰り返していけばつまずくことも少なく、順調に解き方を覚えていけます。

ワークやテキストをなんとなくで解いて演習量も足らない。

そんな状態で難しい問題が解けるわけ無いですよね。

 

「基礎ができていなくて点数が取れない」

 

そんな子ほど、まずはしっかり基礎を固めるべきでしょう。

ま、そんなのんびりできる時間も受験生にはありませんけど(笑)

成績上げるためにはどこで点数を稼いで、そのために何をする必要があるか。

プロの技の見せ所ですね!

少しずつスパルタモードに入っていってる泗水教室でした(笑)

 

 

高校進学ガイダンス

こんにちは!泗水教室の釘山です!

 

早いもので今年も残り2ヶ月となりました!

徐々に入試が近づいてますね!

中3生は共通第2回が先週終わり、今週は結果待ちの状態。

現状を踏まえ、進路や学習計画の変更もあるかもしれませんね。

理想は志望校に合格すること!みんな頑張ってもらいましょう!

 

 

先週11/3(土)にコッコファームにて

 

H31年度 高校進学ガイダンス

 

を行わせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

熊本県の入試の仕組みや、これから何をしていかなくてはいけないのか。

また保護者さんたちには、どう子供と接してもらいたいか。などなど。

当事者の子どもたちも真剣に聞いてくれていましたが、保護者さんたちもメモを取られたり、うなずかれたりして真剣に聞いて頂いてるようでした。

開催した側としては嬉しい反応ですね♪

受験はチームプレーなんて言葉がありますが、家族の支えが一番重要ではないでしょうか。

私立入試まで残り80日を切ってます。

生徒・保護者さん・学校・塾と、チーム一丸となって勝利に向かっていきましょう!

 

 

 

HALLOWEEN!!

こんにちは!泗水教室の釘山です!

 

先週末は受験生対象の秋合宿を実施いたしました!

11/1・2に共通第2回を控えた中3生、また数ヶ月後に受験を控えた小6生・高3生も多数参加して行われました!

自分のスマホで写真を撮ってないので、ここに様子をあげることはできませんが、、、(笑)

みんな一生懸命勉強に取り組んでくれていましたね♪

努力した分結果につながってくれることを祈ってます!

 

 

また今週はハロウィンがありますね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この大量のお菓子が、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうなりました!

 

こういう作業、地味に好きなんですよね(笑)

お菓子屋さんで働いたら毎日楽しそうです♪

塾生たちには、お菓子を燃料に勉強も頑張ってもらいましょう!

 

 

なぜここに馬?

こんにちは!泗水教室の釘山です!

 

先週の菊池教室のブログ内容にもありました、塾関係者対象の高校説明会。

9月末から今月いっぱいまでいろんな学校が説明会を開催していただいています。

その学校の良さ・特色や、普段はなかなか聞けないことまで、様々な情報を仕入れさせていただいています!

おかげで学校のパンフも続々集まってきました!

 

 

 

 

 

 

 

 

ウィルでは、

 

「成績良いから、君は学力の高い学校に行きなさい」

 

という進路指導は行いません。

生徒が将来何をしたくてどの進路を選ぶのが最適か、その生徒にとってどのルートなら幸せな未来が待っているかを全力で考えて進路指導させていただいています。

その上で本人たちが望む進路を選択してもらいます。

もうすぐ共通第2回があり、学校で進路指導が始まります。

そのときに「自分は◯◯がしたいから△△高校に行きたいです!」と言えるように、情報を発信していきますね♪

 

 

ちなみに本日は翔陽高校の説明会に参加してきたのですが、その帰り道ぜんぜん車が動かないんですよ。そしたら、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

馬が歩いてました(笑)

なにかのイベントのようでしたので調べてみたら

 

きくち秋まつり 御神幸行列・通し物

 

というのが行われていたようです!

気になったことを調べたら、すぐに何でもわかるいい時代ですね♪

勉強でもなんでも「気になったら調べる」という習慣を、子どもたちにも身に着けていってほしいですね♪

 

 

12時間か30時間か

こんにちは!泗水教室の釘山です!

 

10月です!秋ですね!

昨日の台風一過、今日は気持ち良いほどの天気です!

しかし気温はだんだん下がってきてますね!

おかげで朝から頭痛が、、、(笑)

ちゃんと気候にあった寝具で寝なくてはいけないですね(笑)

皆様もお気をつけください!

 

 

 

 

 

 

 

 

秋休みを前に、気持ちの高ぶりを抑えられない塾生(笑)

 

 

さてさて自分が子どもたちに話すことで定期的に話す内容がいくつかあります。

その中でも「12時間か30時間か」の話をすると、初めて聞く子は

 

「たしかに!」

 

聞いたことある子は

 

「そうだった!」

 

みたいな表情になる話があります。

 

中1,2年は週2回通塾している生徒が多いのですが、そうすると塾で勉強している時間は

 

1.5時間×週2回×4週=12時間

 

になります。

ところが家で毎日1時間勉強している子は1ヶ月で30時間は勉強していることになります。

約3倍の時間差ですね。

塾に来てることに安心して家でできることをしていたら、実際は1/3しかやっていないのです。

 

「塾に行っているのに成績上がらない」

 

の正体はこれですね。

じゃあどうやって意味のある時間に変えるか。

 

「先生がいる!」「質問できる!」「(勉強)スイッチが入る!」「集中できる!」「(わからなかった問題が解けると)楽しい!」

 

などなど、子どもたちは塾と家庭の違いをあげてくれます。

まさにそれを実行すれば良いのです。

予習・復習してきてわからなかった部分を先生質問し、スイッチが入って集中できているときに解けるようになり、勉強って楽しい!という感覚を得る。

ほんと、そのまんまです(笑)

 

成績の上がらない子って、できない問題を放置したり、答えを写して満足したりしていることが多いです。

それじゃなかなか成績あがらないですよね。

でもこれって単純に勉強の仕方を知らないだけなんです。

誰かが仕組みを教えてあげないと、子どもたちが勝手に気づくことなんてないですよね。

仕組みを教え、解き方を教え、達成感を感じ、自信につなげる。

これが重要だと自分はおもってます。

 

現在泗水教室の生徒には、

「毎日少しずつテキストを進めるチャレンジ」

を実行中です!

どうやらうまくいっている生徒のほうが少なそうですが、、、(笑)

あの手この手で全員がうまくいく手段を開発します!(笑)

 

高校生は「tyotto me」というアプリで毎日計画立てて実行していますよ♪

スマホがあるってホント便利!

 

全員が満足いく結果を追求していきたい、本日の泗水教室でした♪

 

 

 

神様に会ってきました!

こんにちは!泗水教室の釘山です!

 

 

 

 

 

 

 

 

いきなりですが、今週末は大阪にて神様に会ってきました!

もちろん宗教的な神様じゃないですよ(笑)

なんの神様かというと、

 

個別指導の神

 

と呼ばれている、多田昭寛先生の行われている勉強会に参加させていただきました!

じつはこの多田先生、今の個別指導という塾のシステムを作られた方で、現在は日本各地で塾の顧問業をされているすごい方なのです!

九州の人なら絶対聞いたことある某有名塾の顧問もされてる(されてた?)そうです!

 

生徒の成績の上げ方や塾の存在意義、今後この業界はどう変化していくのかなど、たくさん勉強させていただきました。

ほんといろいろ新しいこと、知識としてはあったけどもよりうまく実践に取り入れる知恵など様々なことを学べたのですが、この勉強会ですごく驚いたことが、、、

 

誰よりも年長者であられるのに、ものすごくIT教育技術に詳しいこと!

 

若い世代ほど新しい技術に詳しく、馴染みがない世代は積極的には取り入れない・受け入れないことって一般的なことだと思うのですが、もう真逆です!

常に先を見て時代を感じ取っている方だからこそ、これからの教育に必要なことに敏感なんだろうなぁ、と。

参加者の中ではおそらく一番若かった自分ですが、ただただ脱帽でした、、、

 

習ったことを無駄にしないよう、教室で実践していかなくちゃですね!

、、、あ、これ勉強と一緒!

わからなくて質問したところも、そのまま放置してたらこの次必ず解けるかわかりませんよね。

理解して復習して自分の力に変えたら、次から絶対解けるようになる。

 

子どもも大人も常に勉強し、自分の力に変えていかなきゃですね!

 

 

明日は第1回共通テスト!!

こんにちは!泗水教室の釘山です!

 

とうとう9月です!

自分が小学生の頃は「9月は秋!」という感じでしたが、最近は夏の延長戦って感じですね。

 

「秋物の服とか正直いらなくないですか?」

 

なんていう高校生に、昨今の気候変動をひしひしと感じます(笑)

 

さてさて!明日は第1回共通テストです!

夏期講習で1・2年のおさらいをし、抜けているところを覚えなおし、より難しい問題を解けるよう頑張ってきた中3生の勝負どころです!

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな結果が出ても自分自身にフィードバックできることが多々あります。

そこを見落とさせないようするのがこちらの仕事。

点数を上げるために何をしなくてはいけないのか、どの弱点を克服しないといけないのか、的確に潰していくことで点数アップに繋がります。

あとは本人がどれだけ本気になれるか。

本気になった人間は強いですからね♪

 

点数も精神的にも強い人間を育てていく塾!これからもがんばります!

 

エサで釣ることも必要です

こんにちは!泗水教室の釘山です!

 

菊池地区は本日から学校が再開しました!

今日の学校では久々に会う友達と話が弾んだり、夏休み中の思い出をしたりしているのではないでしょうか。

中3生たちはどれだけ勉強したかの自慢をしてたりして、、、(笑)

学校が始まったということは、前期期末へ向けて動き出すということ。

そして宿題を提出するということ!!!

 

夏期講習が後半に差しかかると必ず聞くこの言葉。

 

「やばい、宿題ぜんぜん終わってない(笑)」

 

正直この言葉を聞くたびに思ってしまうんです、、、何やってんの?と。

自由研究や読書感想画程度ならまだしも、教科ワークが全く終わっていないとか論外ですよね。

そんな子たちは決まってこう言います。

 

「時間がない」「部活が忙しくてやるヒマがなかった」

 

じゃあ同じ部活の人たちはみんなできてないのでしょうか。

もちろんそんなことはありませんよね。

自分を甘やかす習慣ができあがってしまっているとこうなってきます。

だからといって今すぐ変えることができるかといったら、少々難しいのも事実。

 

まあ、叱ったところで改善されるかといったらその場だけの改善になるでしょうし、こちらもいい気持ちはしないですよね。

お互いに気持ちよく生活したいもの。そんなときにはエサで釣ってあげることも必要になってきます。

 

ちなみに泗水教室の場合は、

 

☆高校生専用スペース☆

 

での勉強をエサとして塾に呼び出します。

宿題をするということは同じなのに、なぜか「こっち使っていいなら来ます!」と言ってくれますね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

※画像は高3女子に勉強を教えている宮崎先生

 

基本的には高校生以外は授業時間外の自習時にしか許可をしていません。

そのスペシャルな感じが子どもたちには眩しいのかもしれないですね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

大人だって目標やご褒美があると頑張ることができますよね。

子どもならなおさら。子どもはいつだって大人のサポートが必要なんです。

ご家庭でも日々の生活にご褒美を仕込んでみてはいかがでしょうか。

日々の宿題やお手伝いしてくれたときのご褒美(小)や、テストで目標達成できたときのご褒美(中)、さらに大きな目標を達成できたらご褒美(大)など、ご家庭でできる範囲でやってみるといいかもしれませんね♪

 

 

夏休みもあと少し

こんにちは、泗水教室の釘山です!

 

菊池市は夏休みも残すところあとわずか。来週から学校が始まります。

今年は天気のいい夏休みだったので、たくさん思い出を作った生徒もいるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、塾では今週末に模擬試験を実施します。

中3生は第1回共通試験に向けたテストを、その他の学年は4月から習った範囲がどれだけ定着したか確認をするテストですね。

そして来月になれば本番の共通テストや前期期末もあり、夏に鍛えた力を発揮する機会があります。

これからの1習慣は、この一ヶ月でどんな変化があったのかを今一度確認してもらいたいタイミングです。

順調に力を積み上げられた生徒もいれば、おもっていたように行かなかった生徒もいるでしょう。

なにがよかったのか、なにがいけなかったのかを見つけてもらい、自分自身にフィードバックする時間がこの1週間なのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強も大切。だけど自分を知ることも大切。

せっかく自立型の塾に来ているのだから、ここでしかできないことを提供し身につけていってもらいたいですね。

 

 

目標の意味

こんにちは、泗水教室の釘山です!

 

先週末は台風が日本列島を直撃しましたが、すごいコースをたどりましたね。

「これからはこんなこともあるかもしれない」と備えの重要性を感じました。

みなさんも万が一に備え、事前の準備をしっかりされてくださいね♪

 

「事前の準備」といえば目標も事前の準備といえますね。

何かを成し遂げたいとき、目標は必ず必要になります。

目標を達成する」ために、「いつまで」に「何を」「どうする」のか。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回泗水教室の生徒には前期期末テストの目標を立ててもらいました。

もちろん前期期末の勉強を今から始めるわけではありません。

しかし夏のうちに今までの総復習を終わらせ、そして夏休み明けの勉強のために先取りをしておく、そのための目標であり行動ですね。

 

先週、塾生数人が

 

「(夏期講習で使う)テキスト終わらせるの絶対無理」

「時間ないです。部活があるし遊びにも行くし」

 

その他、保護者さんが聞いたらびっくりするような発言を繰り出す生徒も(笑)

そんな子たちには、

 

「どうしたら時間が作れるかな」

「じゃあそのペースで勉強進める?目標は達成できるかな?」

 

と個人的に声掛けをしていきます。

そしてその子が少しでも目標が達成できるようアドバイスをしました。

その話の後、授業終わりあたりで

 

「忙しいなら宿題の量減らそうか?」

 

との声かけに

 

「いや、できます!俺やってみます!」

 

とすごく前向きな言葉を言ってくれました。

 

1番重要なのは、その子自身が「やるぞっ!」と気持ちを前向きにすること。

怒られるからしなくちゃいけない」のようなネガティブな思考では成長幅は大きくないですよね。

目標を達成することでどんな自分が待っているかを想像してもらい、そこからやる気を作り出す。

これを自分で生成できたら完璧ですね。

そのためのアシストを行い、それが子どもたちに自立を促していくことにつながっていきます。

 

この夏休みで子どもたちがどう変わるのか。こちらの腕の見せ所でもあります♪