12時間か30時間か

こんにちは!泗水教室の釘山です!

 

10月です!秋ですね!

昨日の台風一過、今日は気持ち良いほどの天気です!

しかし気温はだんだん下がってきてますね!

おかげで朝から頭痛が、、、(笑)

ちゃんと気候にあった寝具で寝なくてはいけないですね(笑)

皆様もお気をつけください!

 

 

 

 

 

 

 

 

秋休みを前に、気持ちの高ぶりを抑えられない塾生(笑)

 

 

さてさて自分が子どもたちに話すことで定期的に話す内容がいくつかあります。

その中でも「12時間か30時間か」の話をすると、初めて聞く子は

 

「たしかに!」

 

聞いたことある子は

 

「そうだった!」

 

みたいな表情になる話があります。

 

中1,2年は週2回通塾している生徒が多いのですが、そうすると塾で勉強している時間は

 

1.5時間×週2回×4週=12時間

 

になります。

ところが家で毎日1時間勉強している子は1ヶ月で30時間は勉強していることになります。

約3倍の時間差ですね。

塾に来てることに安心して家でできることをしていたら、実際は1/3しかやっていないのです。

 

「塾に行っているのに成績上がらない」

 

の正体はこれですね。

じゃあどうやって意味のある時間に変えるか。

 

「先生がいる!」「質問できる!」「(勉強)スイッチが入る!」「集中できる!」「(わからなかった問題が解けると)楽しい!」

 

などなど、子どもたちは塾と家庭の違いをあげてくれます。

まさにそれを実行すれば良いのです。

予習・復習してきてわからなかった部分を先生質問し、スイッチが入って集中できているときに解けるようになり、勉強って楽しい!という感覚を得る。

ほんと、そのまんまです(笑)

 

成績の上がらない子って、できない問題を放置したり、答えを写して満足したりしていることが多いです。

それじゃなかなか成績あがらないですよね。

でもこれって単純に勉強の仕方を知らないだけなんです。

誰かが仕組みを教えてあげないと、子どもたちが勝手に気づくことなんてないですよね。

仕組みを教え、解き方を教え、達成感を感じ、自信につなげる。

これが重要だと自分はおもってます。

 

現在泗水教室の生徒には、

「毎日少しずつテキストを進めるチャレンジ」

を実行中です!

どうやらうまくいっている生徒のほうが少なそうですが、、、(笑)

あの手この手で全員がうまくいく手段を開発します!(笑)

 

高校生は「tyotto me」というアプリで毎日計画立てて実行していますよ♪

スマホがあるってホント便利!

 

全員が満足いく結果を追求していきたい、本日の泗水教室でした♪

 

 

 

菊池教室のロボット教室♪

こんばんは!進学塾ウィル菊池教室の榊です。

「I like…」と、英語のライティングの学習をする小学6年生。

今の子どもたちの周りは、「楽しく、真剣に学べる」機会に溢れていますね!

スポーツや学習塾、そして…

ロボット教室!

もともとは3人だった菊池教室のロボット教室(懐かしい!)

当時最年少だったYくんは、プログラミングロボットを作るほどに成長してくれました!

今や年長から小6までが通うようになった菊池教室のロボット教室は、

有望な未来のクリエイターたちでいっぱいです!

 

ステキな、オトナになっていくこと!

こんばんは!進学塾ウィル菊池教室の榊です。

塾に来て、センター試験の過去問集を発見した小学6年生は…

「この英語はなんですか!?(おそらくΣのこと)」と、算数との違いに革命的な衝撃を受けていました(笑)

数年後は、〇〇大学に入学か!?

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

昨日の菊池教室は、Progress Timeの日。

参加してくれた子どもたちは、様々な角度でその日の「テーマ」に切り込んでくれました!

毎回、社会や世界を見る大人の目線と子どもたちの目線の違いに、驚かされてばかりです(笑)

こんなに素敵な思考回路を持っている子どもたちが、これからの日本を創ってくれるのだと思うと、たくさん長生きしたくなります(笑)

 

医療の現場で働くことを目指す者、教壇に立つことを目指す者、建築士、自動車業界、農家、会計士、警察官…

みんなが夢を叶えて、「誰かのために行動を起こせる人」になっていくことを、榊は全力で応援・サポートします!!!

 

失敗は、上手くいかなかったという発見??

こんばんは!進学塾ウィル菊池教室の榊です。

今日で、夏期講習後に控えていたテスト日程がすべて終わりました!

高校生・中学生のみなさん、おつかれさまでした!!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

さて。

 

「嫌なこと」「失敗したこと」はスッキリ忘れよう!次がある!次こそイイことがある!

 

これをどう捉えましょう。

きっと「マイナスな気持ちをいつまでも引きずるな!切り替えろ!」という想いのもとの言葉なのかもしれません。

しかし、本当にそれでいいのでしょうか?

“ダメだったこと”から、学びは生まれないのでしょうか?

 

なにやら偉そうなこと言っちゃってますね(笑)すみません!

ここからは持論ですが(笑)…失敗こそ大切にするべき、だと思うんです!

何かに挑戦した結果、何かを解決しようとした結果、それがいわゆる「失敗」と呼ばれようものなら、それは次へ進むために必要な材料です!!

 

前期期末テストの前日、ある生徒にお話ししました。

「できなかった問題とか、上手くいかなかったこととかを、もしも忘れちゃおうとする癖があるのなら、今回はそれを我慢してみてね!!で、できなかったもの・失敗したものを、大切に持って帰ってきてください!!」

いちばん大事なのは、できなかったものがどんなモノで、どうやって解決・克服していくか、分析することです(私のお仕事のひとつでもあります)!

「失敗や嫌なことが、自分を伸ばしてくれますよ!」

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

失敗は、成長を続けている証拠です!

皆さんは、「失敗」をどう考えてきましたか?そして、どう考えていきますか?

 

 

神様に会ってきました!

こんにちは!泗水教室の釘山です!

 

 

 

 

 

 

 

 

いきなりですが、今週末は大阪にて神様に会ってきました!

もちろん宗教的な神様じゃないですよ(笑)

なんの神様かというと、

 

個別指導の神

 

と呼ばれている、多田昭寛先生の行われている勉強会に参加させていただきました!

じつはこの多田先生、今の個別指導という塾のシステムを作られた方で、現在は日本各地で塾の顧問業をされているすごい方なのです!

九州の人なら絶対聞いたことある某有名塾の顧問もされてる(されてた?)そうです!

 

生徒の成績の上げ方や塾の存在意義、今後この業界はどう変化していくのかなど、たくさん勉強させていただきました。

ほんといろいろ新しいこと、知識としてはあったけどもよりうまく実践に取り入れる知恵など様々なことを学べたのですが、この勉強会ですごく驚いたことが、、、

 

誰よりも年長者であられるのに、ものすごくIT教育技術に詳しいこと!

 

若い世代ほど新しい技術に詳しく、馴染みがない世代は積極的には取り入れない・受け入れないことって一般的なことだと思うのですが、もう真逆です!

常に先を見て時代を感じ取っている方だからこそ、これからの教育に必要なことに敏感なんだろうなぁ、と。

参加者の中ではおそらく一番若かった自分ですが、ただただ脱帽でした、、、

 

習ったことを無駄にしないよう、教室で実践していかなくちゃですね!

、、、あ、これ勉強と一緒!

わからなくて質問したところも、そのまま放置してたらこの次必ず解けるかわかりませんよね。

理解して復習して自分の力に変えたら、次から絶対解けるようになる。

 

子どもも大人も常に勉強し、自分の力に変えていかなきゃですね!

 

 

頑張ることが、あたりまえ!という習慣

こんばんは!進学塾ウィル菊池教室の榊です。

夕方くらいから突然の大雨でしたね。

そんな大雨の中、塾に来てくれた中3の「靴下が…終わりました。」発言に思わず吹いてしまいました(笑)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

9月に入り、早1週間!中3生は第1回共通テストお疲れさまでした!

そして、来週には前期期末テストが待っています!!

毎年思うことですが…中3生のこの期間は、なかなかハードですよね。

しかし、そんな私の心配を完全無視するような、中3生の頑張り続ける姿は今まであまり見ることができなった「たくましさ」を垣間見ることができます!!

【頑張るのは、あたりまえ】という習慣が、しっかり身に付いてきた証拠かもしれませんね。

もちろん、中3生だけでなく中1・中2も負けずに頑張っています。その調子のまま、受験生まで突っ走っていってほしいものです!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

明日は第1回共通テスト!!

こんにちは!泗水教室の釘山です!

 

とうとう9月です!

自分が小学生の頃は「9月は秋!」という感じでしたが、最近は夏の延長戦って感じですね。

 

「秋物の服とか正直いらなくないですか?」

 

なんていう高校生に、昨今の気候変動をひしひしと感じます(笑)

 

さてさて!明日は第1回共通テストです!

夏期講習で1・2年のおさらいをし、抜けているところを覚えなおし、より難しい問題を解けるよう頑張ってきた中3生の勝負どころです!

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな結果が出ても自分自身にフィードバックできることが多々あります。

そこを見落とさせないようするのがこちらの仕事。

点数を上げるために何をしなくてはいけないのか、どの弱点を克服しないといけないのか、的確に潰していくことで点数アップに繋がります。

あとは本人がどれだけ本気になれるか。

本気になった人間は強いですからね♪

 

点数も精神的にも強い人間を育てていく塾!これからもがんばります!

 

この夏のガンバリを、それぞれで発揮してほしい!

こんばんは!進学塾ウィル菊池教室の榊です。

先日、やっと、やっと、やっっっと、御船の恐竜博物館に足を運ぶことができました!

様々な種類の恐竜・翼竜などの骨格が展示される中、いちばんの感動はデイノニクスの骨格と映画『ジュラシック・ワールド』で大活躍したパキケファロサウルスの骨格があったことでした!!!

…子どもの頃から大好きで仕方ない「恐竜」に、終始ニヤつく30歳でした。(笑)

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

さて。

中3生たちは、第1回共通テストに向けてラストスパートの真っ只中です!

フロー状態!ゾーン突入も間近でしょうか!?

高校生たちは、課題考査に向けて猛復習中です!!

そして、中1・中2は間もなく前期期末テストです!!

 

みんな次に迫る【イベント】に向けて、自分の時間を最大限に活用しています。

この夏培った集中力と精神力で、学校の試験を「目標達成」とともに乗り切ってほしいですね!

 

 

エサで釣ることも必要です

こんにちは!泗水教室の釘山です!

 

菊池地区は本日から学校が再開しました!

今日の学校では久々に会う友達と話が弾んだり、夏休み中の思い出をしたりしているのではないでしょうか。

中3生たちはどれだけ勉強したかの自慢をしてたりして、、、(笑)

学校が始まったということは、前期期末へ向けて動き出すということ。

そして宿題を提出するということ!!!

 

夏期講習が後半に差しかかると必ず聞くこの言葉。

 

「やばい、宿題ぜんぜん終わってない(笑)」

 

正直この言葉を聞くたびに思ってしまうんです、、、何やってんの?と。

自由研究や読書感想画程度ならまだしも、教科ワークが全く終わっていないとか論外ですよね。

そんな子たちは決まってこう言います。

 

「時間がない」「部活が忙しくてやるヒマがなかった」

 

じゃあ同じ部活の人たちはみんなできてないのでしょうか。

もちろんそんなことはありませんよね。

自分を甘やかす習慣ができあがってしまっているとこうなってきます。

だからといって今すぐ変えることができるかといったら、少々難しいのも事実。

 

まあ、叱ったところで改善されるかといったらその場だけの改善になるでしょうし、こちらもいい気持ちはしないですよね。

お互いに気持ちよく生活したいもの。そんなときにはエサで釣ってあげることも必要になってきます。

 

ちなみに泗水教室の場合は、

 

☆高校生専用スペース☆

 

での勉強をエサとして塾に呼び出します。

宿題をするということは同じなのに、なぜか「こっち使っていいなら来ます!」と言ってくれますね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

※画像は高3女子に勉強を教えている宮崎先生

 

基本的には高校生以外は授業時間外の自習時にしか許可をしていません。

そのスペシャルな感じが子どもたちには眩しいのかもしれないですね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

大人だって目標やご褒美があると頑張ることができますよね。

子どもならなおさら。子どもはいつだって大人のサポートが必要なんです。

ご家庭でも日々の生活にご褒美を仕込んでみてはいかがでしょうか。

日々の宿題やお手伝いしてくれたときのご褒美(小)や、テストで目標達成できたときのご褒美(中)、さらに大きな目標を達成できたらご褒美(大)など、ご家庭でできる範囲でやってみるといいかもしれませんね♪

 

 

夏期講習は終わりますが、今の学習スタイルも終わらせるの?

おはようございます!進学塾ウィル菊池教室の榊です。

初めての、朝ブログ更新です(笑)

夏期講習の期間が終わり(来週から「特訓期間」の開始ですよ!)、その成果を出すべく、さらに復習が必要な領域を新たに探すべく、小学生と中学1・2年生は本日、学力試験を受験します!

 

昨日は中学3年生が1つ目の模試を終えました。模試の後、その模試の解説授業などを実施し、

日曜日にある2つ目の模試に全力で備えております!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

毎年、講習終わりに子どもたちに伝えることですが、いちばん大切なのは“夏期講習が終わった後の過ごし方”です。

夏期講習の期間は、半ば強制的に勉強させられて、そのために家庭学習が習慣化していた人もいるでしょう。

「夏期講習だったから、頑張れた、頑張った!!」

しかし、その一時的な習慣に、“今後”どんな効果が望めるでしょう。

 

夏期講習が終わった後…学校が始まり、普通の土日が訪れる9月以降…

夏期講習で得た復習・解き直しの進め方を「あたりまえに」続けているか、

これまでやっていなかった部活後・夜の時間の学習を「あたりまえに」実行しているか、

夏期講習の期間にやれていたことを、来週以降「あたりまえに」続行していくことが、“今後”最も大きな効果をもたらします!!

…というか、そのための夏期講習でしたよね!!

 

もちろん高校生は、

あの英単語テストを塾で習慣化しますよ、わたしが(笑)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

来週以降、どんな学習を進めていくのか、どんな生活スタイルでいくのか、

しっかり行動の選択をしなければいけませんね!