勉強中は「ステートを上げるべし!」

こんにちは。
杉並台教室の宮崎です。

先週まで真夏のような暑さが続いていましたが、
秋がおわるのかと思うくらい急に寒くなりましたね。
みなさま体調管理にはお気をつけください。

さて、「ステート」という言葉を知っていますか?
あまり聞きなじみのない方もいらっしゃるかもしれません。
英語で書くと”state”と書きます。
アメリカのUnited States of Americaに入っているステートです。

国とか州の意味もありますが、「状態」「ありさま」「様子」という意味もあります。
勉強するときには自分の状態「ステート」管理が非常に重要です。

勉強が出来る人はどんな姿勢で勉強をしていますか?

身体の使い方はそのまま感情を変えてしまいます。
勉強をイヤイヤやっている時の姿勢はどうですか?
その時どんな気持ちがしますか?



勉強を楽しんでやっているとしたら、
それはどういう姿勢でやっているでしょうか?



①椅子に深く腰掛ける
②机と体はこぶし一つ分
③頭は手や腕ではなく、首で支える。


以上のことを意識して取り組んでみてください。

通知表を見る男の子のイラスト(笑顔)


姿勢が成績をあげます!

家庭学習は「誘惑を近くにおかない!」

こんにちは。
杉並台教室の宮崎です。

2学期制の学校では前期が終わり、秋休みに入っています。
夏休みや冬休みなどに比べると短いのですが、もちろんたくさんの宿題が出ています。
学校が休みの分、しっかりと家庭学習をしないといけません。

家庭学習には誘惑がいっぱいです。

ゲーム、携帯電話、テレビ、マンガ、パソコン…

これらは勉強する際には絶対に、
手の届く範囲、見える範囲に行いことが大事です。
勉強するときは必ず勉強するだけの環境を作らなければなりません。

家庭学習は大切です。
家庭学習をしないで塾に来ても成績は上がらないでしょう。
1・2年生は塾にいる時間よりも家庭で過ごす時間の方が長いでしょうし、
3年生も塾だけの学習では足りません。
家でどれだけできるかが自分の人生を左右します。

整理整頓をして、
勉強中と休憩中のメリハリをつけてください。
誘惑に負けてはいけません!

綺麗な会社の机のイラスト


成績を上げるために必要な学習は
1教科あたり週5時間。5教科だと25時間。
7日で割ると1日約3.5時間です。



塾と家での学習は上手に組み合わせて取り組みましょうね。





ゴールの先に何が待っている?

こんにちは。
杉並台教室の宮崎です。

ウィルでは先月から共通テストに向けて
土日を利用して特訓講座を開講しています。

今年もコロナの影響で共通テストは1回のみとなりました。
チャンスは1度なので生徒達も気合が入っています!

さて、今日は目標について話をしようと思います。

ここで質問です。

フルマラソン(42.195㎞)をやるとします。

オリンピックのイラスト「陸上競技・マラソン」



1、走り切った時に何もない、誰も何も言ってくれない。
2、走り切ったときに大量のバツ(罰)がある。
3、走り切った時に賞金10億円と世界一周豪華クルーズの旅がもらえる。

どれがいいですか?
どれがワクワクしますか?

おそらく皆さん3番目だと思います。

人は目的がはっきりしていて
それが楽しそうじゃないと頑張れません。

勉強も同じで、
勉強を頑張ってどんないいことがあるのか
どんな楽しいことがまっているのかを想像したほうが
より効率的に楽しく勉強できます!

成績が上がった自分想像してくさい。
誰かに褒められていますか?
誰が喜んでいますか?
成績が上がった自分はどういう表情をしてますか?

子供たちと吹き出しのイラスト



楽しくてニヤニヤしますよね♪

「イヤイヤ」「ニヤニヤ」
一文字違うだけで随分と違います。


同じ勉強ならイヤイヤではなくニヤニヤやりましょう♪

塾に来ているだけでは成績は上がらない!

こんにちは。
杉並台教室の宮崎です。

よく「塾に行っているから大丈夫。」という声を聞きます。
本当に大丈夫なのでしょうか?

1週間は168時間あります。
睡眠を1日8時間としても112時間
学校が約70時間
塾は大体4時間程度です。

24時間のマーク

塾に「行っている」だけの人、または、
「勉強時間の確保」という目的で来ている人は成績はあがりません。
塾で「何を学んだのか」が大切なのです!


塾で学ぶべきこと勉強に対する考え方
勉強のやり方話の聞き方などです。


塾で勉強方法を学び、
学校や家庭でそれを生かして生活してみましょう!

あまり気付いていない人もいるかもしれませんが、
学校では1日5時間勉強しているのです。



学校生活を変えるだけで、
成績が上がり
そうだと思いませんか?



テストの復習法

こんにちは。杉並台教室の宮崎です。

9月も後半に入っていますが、まだまだ暑い日が続いていますね。
前期後期制の中学校では前期期末試験が終わったころではないかと思います。
今回のテストはどうでしたか?

ところで…

テストが返された時に、「よかった!」「悪かった…」で終わっていませんか?



テストはただの道具です。

どう使うかが大事」になります。
「何点取った」とか「どこが当たった」ということだけでは、
ただの確認作業にしかなりません。

テストは成績を上げるために何を勉強したらいいかを教えてくれる
あなただけの先生なのです!

フクロウ博士のイラスト



君が出来なかった問題はココだよと教えてくれています。
これを活用しない手はありません!

できないところができるようになれば必ず成績は上がります!

できなかった問題はすぐにできるようにすること
そして、理解できい問題やすぐにはわからなそうな問題は
別のノートに書き写しておくことをお勧めします。

そのノートは、受験前に重宝する、自分だけのオリジナルテキストになるはずです。



さあ、テストのやり直しをしましょう!

目的が行動を決める!

こんにちは。杉並台教室の宮崎です。

突然ですが問題です。
①「先生、今日は数学のワークをします!」
②「先生、今日は数学のワークを諦めずに解きます!」
③「先生、今日は数学のワークで間違えたところを解説を読んで理解します!」

塾の講師のイラスト



上の3人では、誰が一番成績が上がるでしょうか?


正解は③ですね。


目的によって行動が変わっていきます。
それも明確にすればするほど効果が高いのです。

①では「数学のワークをすること」が目的なので、
正解の数や間違えた箇所は関係ありません。ワークをすればいいのです。

②では「諦めずに解く」ことが目的なので、
①よりも勉強しているように感じます。
しかし、分からない問題でも諦めないので時間がかかってしまう可能性があります。

③では「間違えたところは解説を読んで理解する」ことが目的なので、
他の2人よりも高い効果が得られます。

勉強をする時に目的を決めることはとても大切です。


目的地を決めずにタクシーに乗ったらどうなるでしょうか?

どこに行けばいいか分からないので、タクシーは進んでくれません。
いつまでたっても目的地には近づかないですよね。

分かれ道で迷う人のイラスト(男性)



目的を決めないのは目的地なしでタクシーに乗るのと一緒です。

さあ、今日はどんな目的で勉強しますか?

今の自分が未来の自分を作る

こんにちは。杉並台教室の宮崎です。

夏休みも終わり学校が再開されましたが、
コロナの影響で多くの学校が分散登校や時短授業になっていますね。
分散登校で自宅にいる生徒はオンラインで授業を受けているようです。

感染拡大が夏休み終了間近だったので
学校の先生たちも準備が大変だったのではないでしょうか。

昨年の学校休校から始まったオンライン授業ですが、
うまくいっている学校もあれば、まだまだ試行錯誤の段階という学校もあるようです。

例えば、ある学校では、生徒のマイクをミュートにしたり、
カメラをオフにしたまま授業を受けていいそうです。

これでは、画面の向こうで何をやっているかは分かりません。
音楽を聴いたり、ゲームしたり、マンガ読んだり、寝てたり…
(大人の私たちでもしそうですよね。)

公教育なのでプライバシーなど限界があるのかもしれませんが、
これは学校だけの問題ではないような気がします。


今の自分が未来の自分を作る

生徒の皆さんは、楽な方に流されないでください!
今日取った行動が、明日、1か月後、1年後の自分の礎(いしずえ)となります。

今日のオンラインで習った2次方程式が入試に出てくるかもしれません。
今日のオンラインで習った理科が将来の仕事の選択を広げるかもしれません。
今の自分が取った行動が未来の自分を作ります。

学習できる環境はとても大切です。
大人になると「もっと勉強しておけばなぁ」と思う時が必ずきます。

私も子供の頃から大人たちが言っているのを何度も聞きましたし、
「勉強しないと後で後悔する」と言われてきました。

「そんなことはない」と思っていましたが、
今は「もっと勉強しておけば」と思っています。
これは不思議なもので大人にならないとわからないことです。

未来の自分のために頑張っていきましょう!

さあ、新しい門出だ!

こんにちは。杉並台教室の宮崎です。
いよいよ、明日が公立入試の日となりました!
明日からの2日間で、今まで準備してきたものを全て出し切って下さい!

高校入試が終わったとたんに、急に何もしたくなくなる生徒が毎年出てきます。
いわゆる「燃え尽き症候群」という人です。

高校入試を目的に一生懸命頑張ってきた人ほど、入試を終えて目的を達成してしまい
燃え尽きてしまうのです。

高校入試=ゴールではありません!むしろ新しい生活への門出です!

入試が終わる今だからこそ、次の目標を定めて頑張っていきましょう!

結果はともかく、全力を出し切ってください!

…とは言っても、やはり結果も気になります。
全員合格してほしい!という気持ちでいっぱいですが、
もちろん入試なので、不合格になる人も出てきます。
しかし、不合格は決して悪い事ではありません

塾の先生がこんなことを言うといけないのかもしれませんが、
合格よりも不合格の方が学べる事が多いと個人的には思っています。

どんな結果でも、そこから気付けるかどうか、学べるかどうかで
その先の行動が変わってきます。

実は私がそうだったのです。
公立入試を目標に頑張り、入試が終わったとたんに何をしていいかわからず、
おまけに不合格…

高校入学後も燃え尽き症候群に輪をかけてやる気をなくしていました。

でも、今は幸せです。
入試に落ちた時はものすごく辛かったのですが、
その時の経験があったからこそ、頑張れたこともたくさんありました。
通った高校では、友達とも出会えましたし、今も付き合いが続いています。

今となっては、「あの時不合格になってよかった」と思っています。
「行きたかった高校」よりも「通った高校」の方が、私にとっていい学校でした。

辛い思いをするよりも、しない方がいいかもしれません。
でも、辛い思いをしたからこそ得られることもあります。

受験生の皆さん、結果を恐れず悔いのないよう頑張って下さい!
でも、燃え尽き症候群はダメですよ!





あと3日をどう過ごす?

こんにちは!北部教室の林田です。

いよいよ高校入試まで「あと3日」となりましたね。

最後の土日、そして入試前日の月曜日、「あと3日」を受験生の皆さんはどう過ごしますか?

この時期の受験生はよく吸うスポンジのようなものです。

これまでも多くのことを学び・吸収してきたでしょうが、最後の最後までまだまだ吸収できます。成長します。「最後まで粘る」この気持ちでもう一度最後に基本の復習を!

もう1つ、この時期の姿勢・気持ちとして「もう自分にやれることはすべてやった」という状態で入試を迎えてください。

中途半端だと終わった後に後悔や反省ばかりが思い浮かびます。

終わった後に「やり切った~!あとは結果を待つのみ!」と清々しい気持ちでいられるよう、また「やり切れた」という行動は本番の自信にもなります。

この週末はやり切りましょう!

ラストスパート、一緒に頑張っていきましょうね。

過去問で点数が上がらない…宝箱の発見!

こんにちは。杉並台の宮崎です。

昨日までの強風が嘘のように、今日はいい天気ですね!
天気が良すぎるせいか、先週より花粉が多く飛んでいる気が…
花粉症の人には、つらい季節となってしまいました。

さて、高校入試まで残り10日を切りました。
受験生は最後の追い込みを行っていると思います。

ところが、ここでメンタル的な問題が発生してきます。

過去問を解いても点数が取れず、自信が無くなってくるのです。

そして、「あーダメだ。」「点数が上がらない」など、
更なる不安や焦りが生まれてきます。

その結果、「もう何をしていいか分からない…」と
目的なく勉強をし続けてしまう。
入試までの時間、ただ機械的に勉強をするようになるのです。

点数に振り回されてしまうと、本質を見失ってしまいます。

テストでは、どうしても点数に目がいきがちです。
しかし、合格する生徒は違います。

「何ができていないのかこれで分かった!」
「ここで、ミスをするから本番では気をつけよう!」
「よし!ここが弱点だから今から復習しよう!」
と前向きにとらえるのです。


過去問は、自分の苦手を発見するための宝箱なのです!

これは過去問に限らず、塾で受ける模試や学校の定期テストも同じです。

点数が上がった、下がったばかりに気を取られがちですが、
実は、「できてないところはここですよ。」「ここが出来るようになれば完璧ですよ。」
と教えてくれる、健康診断のようなものです。

受験生の皆さんは、後悔のないように自分の弱点を克服して、
入試まで駆け抜けてください!

これから受験生の皆さんは、この前のテスト結果が入試に向けた宝箱です。
しっかりと復習しておきましょうね!