学校ワークの解き方

こんにちは。杉並台教室の宮崎です。

杉並台教室に通っている中学生のほとんどが、前期中間テスト真っ最中です!
テストに向けた勉強をずっと取り組んできたので、ぜひ持っている力を全て出し切ってほしいものです。

テストといえば、大体2週間前に「テスト範囲表」が配られます。
「教科書p○○~○○、ワークp○○~○○…」
「げ、英語の範囲超広いじゃん。」「ワーク出しすぎ…」

その範囲表をもとに計画を立てて勉強してくれたらいいのですが、中には直前までしない人もいます。
テスト1週間前、3日前、または前日に慌てて徹夜で勉強した経験ありませんか?

それでテストを乗り切ったとしても、次に待っているのは「ワークの提出」です。
テストが終わると同時に、テスト範囲のワークを終わらせて提出しなければなりません。

そういう人たちにとっての必殺技が「答えを写して丸つけて提出!」です。

鉛筆を転がしてテストに答える人のイラスト


非常に残念です…

答えを写すことが残念というよりも、
テストで高得点を取れるチャンス自分から放棄していることが
とても残念です。

学校ワークは「テストに出やすい問題」を集めた
非常に優秀な問題集です。
これを使わない手はありません!

1度目は全部間違えていてもいいので、
とりあえずやってみる!
そうするとできないところが明確になります。
そこを解説をよみ、もう一度挑戦してください。

壁を乗り越える人のイラスト(男性)

ポイントは何も見ずにもう一度チャレンジすることです。
出来なくてもいいので、何も見ずに解いてください。
そして、何度も間違えるという経験をすることで
出来るようになっていきます!

繰り返しやることが定着させるために必要なことです。
間違えたところを繰り返しやりましょう!

ウィルの生徒たちはワークの繰り返しをやっています。
きっと今回も高得点を勝ち取ってきてくれるはずです。

陰ながら応援する人のイラスト(男性)



目指せ!自己最高点!

このエントリーをはてなブックマークに追加