塾に来ているだけでは成績は上がらない!

こんにちは。
杉並台教室の宮崎です。

よく「塾に行っているから大丈夫。」という声を聞きます。
本当に大丈夫なのでしょうか?

1週間は168時間あります。
睡眠を1日8時間としても112時間
学校が約70時間
塾は大体4時間程度です。

24時間のマーク

塾に「行っている」だけの人、または、
「勉強時間の確保」という目的で来ている人は成績はあがりません。
塾で「何を学んだのか」が大切なのです!


塾で学ぶべきこと勉強に対する考え方
勉強のやり方話の聞き方などです。


塾で勉強方法を学び、
学校や家庭でそれを生かして生活してみましょう!

あまり気付いていない人もいるかもしれませんが、
学校では1日5時間勉強しているのです。



学校生活を変えるだけで、
成績が上がり
そうだと思いませんか?



テストの復習法

こんにちは。杉並台教室の宮崎です。

9月も後半に入っていますが、まだまだ暑い日が続いていますね。
前期後期制の中学校では前期期末試験が終わったころではないかと思います。
今回のテストはどうでしたか?

ところで…

テストが返された時に、「よかった!」「悪かった…」で終わっていませんか?



テストはただの道具です。

どう使うかが大事」になります。
「何点取った」とか「どこが当たった」ということだけでは、
ただの確認作業にしかなりません。

テストは成績を上げるために何を勉強したらいいかを教えてくれる
あなただけの先生なのです!

フクロウ博士のイラスト



君が出来なかった問題はココだよと教えてくれています。
これを活用しない手はありません!

できないところができるようになれば必ず成績は上がります!

できなかった問題はすぐにできるようにすること
そして、理解できい問題やすぐにはわからなそうな問題は
別のノートに書き写しておくことをお勧めします。

そのノートは、受験前に重宝する、自分だけのオリジナルテキストになるはずです。



さあ、テストのやり直しをしましょう!

目的が行動を決める!

こんにちは。杉並台教室の宮崎です。

突然ですが問題です。
①「先生、今日は数学のワークをします!」
②「先生、今日は数学のワークを諦めずに解きます!」
③「先生、今日は数学のワークで間違えたところを解説を読んで理解します!」

塾の講師のイラスト



上の3人では、誰が一番成績が上がるでしょうか?


正解は③ですね。


目的によって行動が変わっていきます。
それも明確にすればするほど効果が高いのです。

①では「数学のワークをすること」が目的なので、
正解の数や間違えた箇所は関係ありません。ワークをすればいいのです。

②では「諦めずに解く」ことが目的なので、
①よりも勉強しているように感じます。
しかし、分からない問題でも諦めないので時間がかかってしまう可能性があります。

③では「間違えたところは解説を読んで理解する」ことが目的なので、
他の2人よりも高い効果が得られます。

勉強をする時に目的を決めることはとても大切です。


目的地を決めずにタクシーに乗ったらどうなるでしょうか?

どこに行けばいいか分からないので、タクシーは進んでくれません。
いつまでたっても目的地には近づかないですよね。

分かれ道で迷う人のイラスト(男性)



目的を決めないのは目的地なしでタクシーに乗るのと一緒です。

さあ、今日はどんな目的で勉強しますか?

今の自分が未来の自分を作る

こんにちは。杉並台教室の宮崎です。

夏休みも終わり学校が再開されましたが、
コロナの影響で多くの学校が分散登校や時短授業になっていますね。
分散登校で自宅にいる生徒はオンラインで授業を受けているようです。

感染拡大が夏休み終了間近だったので
学校の先生たちも準備が大変だったのではないでしょうか。

昨年の学校休校から始まったオンライン授業ですが、
うまくいっている学校もあれば、まだまだ試行錯誤の段階という学校もあるようです。

例えば、ある学校では、生徒のマイクをミュートにしたり、
カメラをオフにしたまま授業を受けていいそうです。

これでは、画面の向こうで何をやっているかは分かりません。
音楽を聴いたり、ゲームしたり、マンガ読んだり、寝てたり…
(大人の私たちでもしそうですよね。)

公教育なのでプライバシーなど限界があるのかもしれませんが、
これは学校だけの問題ではないような気がします。


今の自分が未来の自分を作る

生徒の皆さんは、楽な方に流されないでください!
今日取った行動が、明日、1か月後、1年後の自分の礎(いしずえ)となります。

今日のオンラインで習った2次方程式が入試に出てくるかもしれません。
今日のオンラインで習った理科が将来の仕事の選択を広げるかもしれません。
今の自分が取った行動が未来の自分を作ります。

学習できる環境はとても大切です。
大人になると「もっと勉強しておけばなぁ」と思う時が必ずきます。

私も子供の頃から大人たちが言っているのを何度も聞きましたし、
「勉強しないと後で後悔する」と言われてきました。

「そんなことはない」と思っていましたが、
今は「もっと勉強しておけば」と思っています。
これは不思議なもので大人にならないとわからないことです。

未来の自分のために頑張っていきましょう!

学校ワークの解き方

こんにちは。杉並台教室の宮崎です。

杉並台教室に通っている中学生のほとんどが、前期中間テスト真っ最中です!
テストに向けた勉強をずっと取り組んできたので、ぜひ持っている力を全て出し切ってほしいものです。

テストといえば、大体2週間前に「テスト範囲表」が配られます。
「教科書p○○~○○、ワークp○○~○○…」
「げ、英語の範囲超広いじゃん。」「ワーク出しすぎ…」

その範囲表をもとに計画を立てて勉強してくれたらいいのですが、中には直前までしない人もいます。
テスト1週間前、3日前、または前日に慌てて徹夜で勉強した経験ありませんか?

それでテストを乗り切ったとしても、次に待っているのは「ワークの提出」です。
テストが終わると同時に、テスト範囲のワークを終わらせて提出しなければなりません。

そういう人たちにとっての必殺技が「答えを写して丸つけて提出!」です。

鉛筆を転がしてテストに答える人のイラスト


非常に残念です…

答えを写すことが残念というよりも、
テストで高得点を取れるチャンス自分から放棄していることが
とても残念です。

学校ワークは「テストに出やすい問題」を集めた
非常に優秀な問題集です。
これを使わない手はありません!

1度目は全部間違えていてもいいので、
とりあえずやってみる!
そうするとできないところが明確になります。
そこを解説をよみ、もう一度挑戦してください。

壁を乗り越える人のイラスト(男性)

ポイントは何も見ずにもう一度チャレンジすることです。
出来なくてもいいので、何も見ずに解いてください。
そして、何度も間違えるという経験をすることで
出来るようになっていきます!

繰り返しやることが定着させるために必要なことです。
間違えたところを繰り返しやりましょう!

ウィルの生徒たちはワークの繰り返しをやっています。
きっと今回も高得点を勝ち取ってきてくれるはずです。

陰ながら応援する人のイラスト(男性)



目指せ!自己最高点!

トライ&エラー

こんばんは。泗水教室の古田です。

すっかり気温も高くなって、運動部の生徒の日焼けが目に眩しくなってきました。
これから高温多湿の梅雨、そして中高生には憂鬱かもしれない中間テストがやってきますが、気力・体力は万全でしょうか?

ところで、アニメ制作の現場では「リテイク」という工程があります。
出来上がったムービーを確認して、絵がおかしかったり、色が違ったり、動きがずれていたりする部分の修正をする工程です。
この工程のために、大抵の場合は本来の納期より早めに完成させて、リテイクが出ても対応できるように準備しておきます。

みなさんの勉強も同じですね。
テストの時には終了時刻より少し早めに終わらせて、解き直しをすることをはじめから想定しておくのです。
普段の勉強でも、答えが合わなかったときにすぐに問題点をみつけて修正できるように、思考のプロセスを途中式やメモに残しておくのです。

それから、プロが作業をしたってリテイクが出るときは出ます
みなさんはまだまだ勉強中なのですから、間違いがあっても何ら問題ないわけですね。
もちろん、修正しなくても良いように最大限気をつけて解くことや、必要な知識や技術を揃えておくことは大切です。

いちばんよくないのは、修正を恐れて解答しないこと。
解答を完成させないことには修正できません。まずはやってみることが大事!
そして間違いをそのままにしておくのもNG
アニメ作品では稀に酷い絵のまま放送されてしまうときがあって「作図崩壊」なんて呼ばれたりしますが。
皆さんの解答も、間違ったままにしておくのは放送事故レベルの大問題だと思ってくださいね。

ということで、トライ&エラー「&リテイク」の繰り返しで勉強を頑張って参りましょう!

成績をあげるためには…

こんにちは。
杉並台教室の宮崎です。

「成績を上げるためには何をしたらいいですか?」

勉強が不調な人のイラスト(男性)



ときどきこんな質問をうけます。

答えはシンプルです。
「勉強すればいい」のです。

「そんなのわかってます!」といつも言われるのですが(笑)
ここで言う「勉強」とは机に座っていることではありません。

勉強=できない問題をできるようにすること」なのです。

勉強が好調な人のイラスト(女性)

できることをやっていても成績は上がりませんし、
ただ机に向かっていることが勉強ではありません。

どんなに長時間やっても
出来る問題を増やせていなければ
それは時間の無駄遣いです。
(かく言う私も学生のころは机に長時間座っていただけで勉強した気になっていました…)

できない問題をできるようにしましょう♪

備えあれば憂いなし

こんにちは。杉並台の宮﨑です。

気が付けば4月の下旬、今週末からは5月が始まります。
1か月あっという間ですね。

5月と言えばゴールデンウイークです!私も子供のころから楽しみでした。
しかし、昨年は新型コロナウィルスにより、一斉休校期間でした。
もちろん自粛ムードでどこにも行けない時期だったのではないでしょうか。

今年はというと…同じコロナウィルスで東京や大阪などは再び緊急事態宣言が出されました。
熊本も大都市ほどではないですが、感染者が増えてきています。
今年も満喫できるゴールデンウィークではなさそうですね…

どこにも行けない長期休み…何をしますか?

しかし、どんなに暇でも
あー暇だ。勉強しよう。」とはなかなかならないでしょうね(笑)
(以前、このセリフを言った生徒がいてびっくりしました。)

ゴールデンウィークの期間、ずっと勉強しなさいとは言いません。
息抜きやリフレッシュも必要です。

しかし、学校の授業が進んでない期間は、
自分を高める意味でも「ゴールデン」な期間なんです。

今はまだ学校が始まったばかりで、
オリエンテーションやら家庭訪問などいろいろな行事があり学校の授業がほとんど進んでいません。

しかしゴールデンウィークを過ぎると、授業スピードが速くなり、
気が付けば来週が定期テストなんてことになってしまいます!

今あまり進んでいない分、今まで習った学習を復習してください。
最初に学習する単元はその学年の入口です。
しっかりと学習すれば必ず高得点が取れる単元になっています。

この時期に、3年生は入試を見据えて
「中1・中2の復習」をすることも効果的です。

勉強よりも目の前の遊びや楽しいことに時間を費やす方が楽でたのしいですよね。
でも、自分の未来を見据えて、少しずつ準備を始めていきましょう!
『備えあれば憂いなし』ですよ!

まずは基本通りに

こんにちは。北部教室の林田です。

新年度が始まりましたね。

ウィルでも新学年のスタートということで授業での予習・復習に加え、勉強の仕方・テキストの進め方等を特に詳しく指導している時期です。

今日はその中の『数学の学習法』について共有したいと思います。

  

計算ミスの原因

各学年の数学の序盤の単元は計算分野からスタートですが、簡単だからと適当に進めてはいませんか?暗算で計算して答えだけ書く。計算ミス・途中式での見落としで符号や文字を付け忘れる。「今回のテストもケアレスミスがいくつかあったんだよな~」等々、当てはまる人も多いのではないでしょうか。

ケアレスミス・(計算方法は分かっているのに)計算ミスが多い人は

  1. 途中式をかかないこと
  2. 適当な途中式を書いていること
  3. 字が小さすぎる・字が汚い

上記が原因であることがほとんどです。

  

途中式は必要なのか

最初に結論から言うと『途中式は必要です!!』

途中式を書かない子に話を聞くと「答え合うからいいじゃん」「面倒くさいから」という返事が返ってきます。

そもそも、数学を学ぶことは単に計算の答えを得る手段ではなく、問題を解く過程を含め理解することにあります。

ただ単に答えがあっていたからマルではなく、考えの過程も含め、他の人が見た時に分かることが大事なのです。

また、途中式を書くことで、計算力が付き・検算がしやすくなり(結果としてミスが減る)・数学的思考力が身につきます。

  

まずは基本通りに

正しい途中式を説明するには問題ごとに異なるので、ここで全てをあげることはできませんが、一つあげるとするなら

イコールの位置を縦にそろえましょう。

これだけでもかなり見やすく自分でも見落としや書き漏れが減ると思います。

イコールをひたすら横に書き続ける人、2.3個横につなげて改行する人、良くないです。

正しい途中式の書き方や計算順序は、教科書やテキスト、塾の先生の授業で教えられたことをまずは真似しましょう。

教科書・テキストの例題などを「あー、そうやってするのね。なるほど。」と流し読みしているのはもったいないです。

教科書・テキストは計算の順序や途中式の表記などを含め、いかに分かりやすく・見やすく・美しいか、一つ一つプロによって吟味されたものです。

数学が苦手な人、計算問題でのミスが減らない人

まずは基本通りに教科書・テキストの例題の解き方を真似しましょう!

Brand-New……

こんにちは。泗水教室の古田です。

新学期が始まって、あっという間に半月を過ぎてしまいましたね。

ウィルでも新しいテキストを続々と配って取り組み始めています。

特に中3生は、昨年までの比ではないテキストの量にびっくりした人も多いのではないでしょうか。

あれもこれも勉強しないといけない と焦らずに、計画を立てて効率よく学んでいきましょうね。

新しいテキストを配ったすぐあとは、生徒の皆さんがいつもより熱心に勉強に取り組んでくれるように感じます。

何でも新しい物事は気分が良くてやる気も出ますよね。

いつでも新しい気持ちでチャレンジしていきたいものです。

お肌の細胞は28日で生まれ変わると言いますし……。

日々新しい自分であることを楽しみながら、今年度も頑張りましょう!