集中力について思ふこと

こんばんは!進学塾ウィル菊池教室の榊です。

学校で運動会の練習が長時間あったとしても、

元気に登塾して勉強に集中してくれる小学生たち。実に頼もしいです!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「集中力」…もちろん勉強には必要不可欠なもの。

しかし勉強だけでなく、その他「好きなもの」でも「集中力」を使ってほしいと私は思っています。

特に、ロボット教室での子どもたちを見ていると、尚更それを思います。

「集中力」は使えば使うだけ、成長します。

「集中力」に種類なんてありません。

だから、好きなものを通して得た「集中力」は、きっと違う場面で、より大きく発揮されます!

そのときが来るのが、実に楽しみです!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2度目ですが、「集中力」は使えば使うだけ成長します。

子どもたちには「集中力を使う機会」に、自らどんどん突入してほしいですね!

 

 

小論文講座

こんばんは。御代志教室の山浦です。

 

強烈な初夏がやってきましたね。

 

ちょっと前までは朝晩が肌寒く、

今のところ5月らしい日和が少なかったのは残念でした。

 

さて、ウィルでは4月から「作文・小論文講座〕を開講しています。

中学生にとっては少し難しいテーマの時事的な論説文を題材に,

音読、語彙や表現の解説によっておおまかな論旨を理解させ、

それについての自分の意見を書かせて、

添削してアドバイスを与えるのが基本的な流れです。

 

私が担当したのは「民泊ビジネス」についてと、前々回の「ブラック化する部活」についてでした。

解説を加える中でこちらが学ばされることも多く、ためになります(笑)。

 

自分の意見を自分の言葉で的確に表現すること、「論理的で説得力のある主張ができること」は、

これからの社会でますます求められていきます。

 

「人材」を育てることも塾の重要な役割ですね。

 

 

 

 

 

 

 

母の日

こんにちは!泗水教室の釘山です!

 

昨日5/13は母の日でしたね♪

私は母に和菓子を買ってあげました♪

菖蒲の花を模した包み紙にくるまれているお菓子を見つけ、

 

「これインスタ映えするってやつじゃないかな?(笑)」

 

なんて話しながらその商品を買ったところ、渡したらすぐにスマホで写真を撮っていました(笑)

多分インスタはしていないと思いますが、きれいなもの、心に残るものは写真を撮りたくなってしまいますね♪

 

子どもたちにお母さんの話を聞くと、

 

「ごはん作ってくれる!」

「掃除してくれる!」

「塾に送り迎えしてくれる!」

 

などなど、日頃の感謝がたくさんあがってきました。

口には出さずとも感謝の気持ちを胸に秘めているようです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週は日頃の感謝の恩返しということで勉強にも身が入っていた泗水教室生たちでした♪

今週もいっぱい頑張っていこー!!

 

 

新たなコンテンツが始動中!–Progress Time–

こんばんは!進学塾ウィル菊池教室の榊です。

G.Wの連休はゆっくりできましたか?

そして連休明け、いつも通りのスタートを切りましたか??

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年度に入り、進学塾ウィルでは【新たなコンテンツ】いくつもスタートしています!

その中の1つ、【Progress Time】

あるテーマについて、子どもたちが自ら調べ、考え、発言し合い、

答えが1つではないところに、各々の答えを導き、シェア(共有)していく。

「アクティブ・ラーニング」を採り入れた授業…いえ、教育イベントですね!

菊池教室では連休後半前の5月2日(水)に、塾長・宮川先生のもとで開催されました!

グループワーク中、いつもの授業では見られない主張や協調性も垣間見え、

菊池教室長として子どもたちの新たな発見もありました(笑)

後日、泗水教室でも開催される予定なので、泗水教室の皆さんは「乞うご期待!」ですね!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

さらに【新たなコンテンツ】として…

今年度から進学塾ウィルは実用英語技能検定【英検】の準会場として登録されました。

年度内、全3回(6月・10月・1月)実施されます!

10月・1月での受験をご希望の際は、各教室の教室長にお申し付けください。

 

約束事のおはなし

こんにちは!泗水教室の釘山です!

 

GWはいかがだったでしょうか?

旅行や食事など、家族で出かけられた家庭もあったかとおもいます♪

テレビを見ていて知ったのですが、今でこそ誰でも行ける海外旅行。しかし半世紀ほど前には年に1回しか行けず、かつ仕事としてしか行けなかった時代があったということを知り、いい時代になったなぁなんておもっちゃいました♪

 

自分の意思で自由に行動できるっていいことですね♪

 

しかし自由を満喫するには、義務を全うしなくてはいけないのも事実。

今日はこの仕事でのあるある話をご紹介します!

 

保護者面談などでよくご相談があるのが、

 

スマホ・ゲーム紛争

 

です。(かってに名前をつけました笑)

家でスマホいじってばかり、ゲームしてばっかりなんて、今どきはどこの家庭でも起こり得ることですね。

子どもたちの言い分としては、

 

「塾でちゃんと勉強してる」

「宿題終わったから問題ない」

 

なんてところが聞いた感じだと多いです。

うんうん、自分が同じ年頃だったら同じこと言ってそう(笑)

 

しかし保護者さんとしては、勉強している姿を見ていないので不安になってしまう、、、

勉強してたにしても、もっと頑張ってほしい、、、

 

双方の意見が痛いほどわかりますね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなときのひとつの解決法として、

 

家族との約束事を決める

 

というのが良いかとおもいます。

例えば今日やった勉強の成果をお母さんに見てもらい、

 

「OK!ゲームしてよし!」

 

と許しをもらったり、

 

「宿題終わったからゲームを30分させて」

 

とお願いをしてみたり。

ルールは各家庭で決めて良いとおもいます♪

 

「何が自分のしなくてはいけないことなのか。それを達成した対価はなにか。」

 

自由にゲームをするために、家庭内での義務を全うする。

→ 何かを得るために、何かを行動する。

 

これが自然とできるようになると、とても素敵ですね♪

 

 

GWが待っている!

こんにちは!泗水教室の釘山です!

 

5月に入りました!5月といえばゴールデンウィークですね!

家族でどこにいこうか?なんてお話をされてたりするのではないでしょうか♪

今年は4連休になるので楽しみが止まりませんね♪

 

GWという素敵な響きの言葉がある一方、ややネガティブな言葉も5月にはありますね。

そう、5月病!

新しい環境に慣れなかったり、連休で気が抜けて勉強や仕事が手につかなくなったりと、あまりいいものではないですね。

そんな時に思い出してほしいのが、

 

「出来る出来ないは自分が決める」

 

という言葉です。

たしか松岡修造さんの日めくりカレンダーにあった言葉だったとおもいます(笑)

カレンダーでは、「人からどう言われようが、決めるのは自分。自分が信じれば、必ず出来る」という内容でした。

これってすごく重要な言葉ですよね。

自分のことは自分しか変えられないということを考えさせてくれる言葉です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しナルシストになって、

 

「自分は何でもできる!だからこれに挑戦する!」

 

そんな心意気で向かっていってもらいたいですね♪

 

 

それぞれが、それぞれの目指すべき場所へ

こんばんは!進学塾ウィル菊池教室の榊です。

新年度がスタートして、もうすぐ1か月が経とうとしていますね。

新しい学校、新しい学年にはもう慣れてきましたか?

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

昨年度卒業・卒塾した彼らは、新しい高校生活を満喫しているようです!

わざわざ学校帰り(1人はまさかの体育祭後)に塾に顔を出してくれました(笑)

同学年でも、制服の形や色が違うように、

それぞれが目指すゴールや目標・目的も、十人十色です。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

新年度、菊池教室の高校部2年生たちは【勝負の1年間】がスタートしています。

国公立大学等、進学を目指す高校生にとって、

受験生になるための準備を整えるべき2年次は、非常に大切な期間です。

※実際は、「3年間ずっと受験生」という感覚がベストです!

成績の現状と、目指しているそれぞれのゴールまでの距離(志望校と今の偏差値の差など)を、

自分でしっかり把握しながら引き続き勉強を…いえ、「受験勉強」を進めていってもらいます!

 

 

小学生、元気です!

こんにちは。御代志教室の山浦です。

日中と朝晩の寒暖差が激しい時候ですね。

 

私が御代志教室の担当になって、早いもので1か月が経ちました。

素直で明るい子どもたちのおかげで、いい雰囲気で毎日の指導を楽しくおこなっています。

 

おやじギャグにも反応してくれるのはありがたいことですね。

 

全体的に元気な生徒が多いですが、

なかでも小学生たちの元気のよさはすごいです(笑)!

 

小学生が来る夕方の時間帯は、ときに教室が爆笑に包まれることもありますが、

それはそれでいいと思います。

 

やるべきことはきちんとやってくれる子どもたちばかりです。

彼らのパワーに負けないように、私もパワー全開で、

おやじギャグを適度に(笑)、放っていこうと思っています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Progress Time

こんにちは。御代志教室の山浦です。

暖房と冷房の切り替えが、特に車に乗っていると難しく感じる時候ですね。

教室でも窓を開けたり閉めたり温度の管理が大切です。

 

さて、ウィルではこの5月から「アクティブ・ラーニング」を指導の中に取り入れていきます。

「アクティブ・ラーニング」は、あるテーマについてグループで話し合い、それぞれが答(結論)を求めていく学習です。

受動的(受け身)ではなく、全員参加の能動的な学習として、数年前から注目を浴びています。

 

Progress Time という神奈川県の教育委員会が採用しているアクティブラーニングのシステムを導入します!

 

 

私たちは「先生」「講師」ではなく「ファシリテイタ―」と呼ばれる立場になって、子どもたちの発言をうまく促したり、ディスカッションを盛り上げたり、ピーポイントでアドバイスを与えたりという役割を演じていくことになります。

 

最初は試行錯誤もあるかと思いますが、

子どもたちが気持ちよく参加して楽しく発言できるイベントにしたいと思っています。

 

スタッフ一同アイデアを出し合いながら、より良い「空間」を、ワクワク・ドキドキしながら作っていきたいと思います‼

 

 

 

 

 

 

 

 

きっかけ

こんにちは!泗水教室の釘山です!

 

先日、本屋さんでこんな本を見つけました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その名も「ざんねんないきもの辞典」

タイトルに惹かれちょろっと立ち読みのつもりでしたが、おもしろすぎて半分以上読んでしまいました(笑)

動物に詳しい人でなければ、意外と知らない習性が多く書かれているのではないでしょうか。

単純に話のネタとしても楽しめる本でした!

塾に置いておこうかなぁ、、、(笑)

 

とくに動物に対して関心があるわけではありませんが、ちょっとしたきっかけで動物に関する知識が増えました!

これって勉強にも言えることですよね♪

 

「理科は苦手だけど、テレビで見た実験を自分もやってみたい!」

「〇〇先生は話がおもしろいから、この教科も好きになってきた!」

 

なんてことが子どもに限らず大人でも起こりえます。

 

身近にあるかもしれない【きっかけ】を探してみるのも楽しいかもしれないですね♪